デリヘルの面接はそんなに甘くない!

初心者でも風俗の面接を受ける価値はあります。人気嬢になって稼いでみましょう。 - 言葉遣いや立ち居振る舞いは、面接前からチェックされています

言葉遣いや立ち居振る舞いは、面接前からチェックされています

高級デリヘルで求められているのは、内面も美しい女性です。面接時間は数十分の短いものですが、あなたの人となりはあらゆる面で見られています。緊張しすぎることはありませんが、ポイントを押さえ油断しないようにしましょう。

問い合わせの電話で、合否が分かれることもあります

面接を受けたい旨を伝える電話は、実は合否を判断する大切な機会です。デリヘルは、毎回さまざまな場所で初めてのお客様と対面します。1対1でのやりとりになりますので、問い合わせの連絡でいかに簡潔に質問し、感じの良さを印象づけるかは大変重要です。
まず、簡潔に話すことを心がけましょう。問い合わせ前に聞きたいことを順にメモしておくのも良い方法です。その際、順番は“自分が知りたい順”ではなく“相手が疑問に思う順”にするのがポイントです。相手が聞きたいことを予測して情報提供する、こういったサービス精神が、人気嬢になる素質と判断されるためです。

面接前に待合室に通された その時からチェックが始まっています

風俗店の面接では、待合スペースに通されることがよくあります。これは、一人の空間で素の立ち居振る舞いをチェックするためです。多くの女性はここでメイクを直すか、スマホを見るかでしょう。どちらかと言えばメイク直しをしている女性は素質ありです。
相手にどう見られるかを意識し、みだしなみに気を遣う姿勢を常に持ちましょう。同伴など外でお客様と会っていても恥ずかしくない女性が、高級デリヘルで求められる条件です。また、メイク直しも短時間でスマートに行いましょう。机にポーチの中身を広げ、自分の部屋のようにイチから直すのはNGです。
お店が求めるのは、固定客がとれる女性です。面接では、男性が自然とまた会いたくなるような魅力があることを、アピールしましょう。言葉遣いや立ち居振る舞いは、ちょっとしたポイントに気を付ければ大きく印象が変わります。イメージトレーニングを繰り返し、準備しておきましょう。

関連する記事