デリヘルの面接はそんなに甘くない!

初心者でも風俗の面接を受ける価値はあります。人気嬢になって稼いでみましょう。 - 何よりも求められているのは品格です

何よりも求められているのは品格です

「品格」というと堅苦しいイメージですが、高級店ユーザーにとって大切な要素です。知識や技術ではない目に見えない魅力ですが、人気嬢となるためには不可欠です。

姿勢よく どんな時でも丁寧な言葉で接しましょう

 
品格がはっきりと現れるのは、姿勢と言葉づかいと言われます。女性はヒールの靴を履くことから、猫背で膝が曲がった歩き方になりやすいという特徴があります。いつも上から紐でピンと吊られている意識を持って、背筋を伸ばすくせをつけましょう。
言葉づかいも長年のくせが出やすいポイントです。まず、方言のある方は、なるべく標準語に直しましょう。状況に応じて使い分けられれば1つの売りになり、GOODです。
また、相手から友人のように話しかけられても、常に丁寧語をくずさないようトレーニングしましょう。面接官はわざとあなたに「〜だよね。」「〜な感じじゃない?」と話しかけますが、つられてタメ口になるとマイナスポイントになります。お客様へ馴れ馴れしく接するのはタブーですので、面接の時も意識しておきましょう。

品格=相手にどんなプレゼントができるかを考え続けること

高級店では、全て女性にお任せという要望を受けることもあります。プレイを次々に行うか、会話を中心にデート的に進めるか、相手の求める過ごし方を察知しなければなりません。デリヘル嬢には、男性の立場から性を考える力が求められます。
どのようなプレイを行うかは、自分がどんな要素をもつ女性か、よく知っていることも重要です。自分が一番セクシーに見えるポイントを、熟知していなければなりません。
面接でも問われる「品格」とは、自分と相手をよく知った上でどんなプレゼントができるか考える能力です。具体的なトレーニング方法はありませんが、日ごろから周りの人を大切にして過ごすことで自然に身につきます。
高級デリヘル店は、応募した女性の内面を見ています。他の仕事の面接より厳しいと感じる方も多いでしょう。この狭き門をくぐるためには、自分を見つめ直すことがまず大切です。

関連する記事