デリヘルの面接はそんなに甘くない!

初心者でも風俗の面接を受ける価値はあります。人気嬢になって稼いでみましょう。 - 所属嬢の中には芸能人も 自分磨きができるかが決め手

所属嬢の中には芸能人も 自分磨きができるかが決め手

大衆店のNO.1クラスにいつでも会えるのが、高級店のセールスポイントです。狭き門の面接をせっかく合格しても、モデル・女優といった芸能活動をしている方が同じ店にいれば自分がかすんでしまいます。多くのライバルの中で差を付けるには、自分磨きをしつづけることが大切です。

デリヘルはスタッフ同士の交流が少なく、ライバルの情報が入りにくい

同じ店で働く女性同士ですが、ほとんど交流はありません。待機スペースで顔を合わせることはありますが、普段は全く別の生活ですし、仕事中ももちろん別です。お互いどんな持ち味があるかは、ほぼ分からないという環境です。
しかし、客はサイトなどでじっくりと見比べて女の子を選びます。お声がかからない日が続く場合は、あなたがサイト上でどのように見られているか、一歩引いた視点からチェックしてみると良いでしょう。自分が身に付けるべきアピールポイントが見えてくるかもしれません。

SNSなどで同業者の自分磨き術を盗みましょう

実際に会って話すことがしにくい代わりに、ネット上にはコミュニケーションの場がたくさんあります。特にデリヘル嬢のためのサイトでは、業界経験や働くエリア別に多くのスレッドが立っていますので、活用しましょう。プレイのスキルアップ・美容・健康・プチ整形まで話題はさまざまで、どんな悩み事にも役立ちます。

自分で決めて、努力できる セルフコントロール力が求められます

デリヘルは自分磨き力が問われるジャンルです。面接では、自己管理力を見定めるため、控え室での様子やメールでのやりとりがチェックされます。
・周りに挨拶をしているか
・目を見て話をするか、質問に対し的確に答えるか
・時間や約束を守れるか
こういった項目は風俗のお仕事と全く関わりがないように思えますが、最も重視される所です。面接中緊張していて合間に気をゆるめてしまうと、そこでの様子がネックとなって不合格というケースもあります。どんな時も見られていると意識しましょう。
デリヘルは自分の体と器量が資本のお仕事です。面接では思わぬところがチェックポイントとなっていますので、いつも気を引き締めて臨みましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む